アイデザインホーム(Ai Design Home) オフィシャルブログ

みんなアイしています!

いつも、街のどこかでみなさまの夢のマイホームの実現に向けて、
まじめに仕事に取り組んでいる、アイのオフィシャルブログ

みんなアイしています!
  • 2019.2
  • 23
2019年2月23日

外壁メンテ②

前回のハットジョイナー欠落部はバックアップ材も兼ねポリスチレンフォームで

クリック↑

代用する事にしました。

 

 

マスキングテープで養生して

プライマーを塗布

 

 

そして

ボンドブレーカーを貼っていきます。

 

 

 

これは3面接着を防ぐ為に必要です。

 

 

(目地をコーキングする場合は2面接着が原則です。)

 

2面接着を重視するのは、建物の揺れや歪み、部材の温度差によるムーブメント(僅かな動き)を吸収する為のワーキングジョイントの役割をコーキング材に持たせる為です。

実際、今回、我が家を補修するにあたり、一部ですが目地がズレておりました。

これはあくまで推測ですが小さな地震、揺れによって金具留めのサイディングが動き目地部がズレたり、幅が微妙に広くなってたり、狭くなっていたと思われます。

 最近はメンテナンス性を考慮して四方じゃくりの商品やガルバリウム鋼板での外壁を選択されるお客様も多いように感じてますが外壁部の揺れの影響を緩衝してくれる目地の役割も重要では? と思います。

 

 

 

 

  そしてやっとコーキング材の登場です。

今回はバルコニー部の木目(茶)に合わせ色はアンバーを選択

コーキング材をガンにセットし

塗布

 

へらで均していきます。

 

素人目にも下手くそ 大丈夫?って 感じですけど

 

マスキングテープを剥がせば

 

  まあまあ

 

 アイデザインホーム岐阜支店の山田 英樹でした。

コメントはこちら

コメント


< 前の記事
そうだ 京都 行こう
次の記事 >
吾郎特集!
Copyright© 2019 アイデザインホーム(Ai Design Home) オフィシャルブログ All Rights Reserved.