2023年11月25日|瀬織津姫に導かれ | アイデザインホーム
アイデザインホーム(Ai design home)

2023年11月25日

瀬織津姫に導かれ

瀬織津姫(せおりつひめ)は、神道の大祓詞に登場するである。瀬織津比咩瀬織津比売瀬織津媛とも表記される。古事記日本書紀には記されていない神名である。

とある方から、この日に瀬織津姫が祀ってある神社に行きなさいと。貴方は瀬織津姫やその類の方たちからお声がかかる特異体質ですよ。と。まずありえない事です。守られている、気にされている。非常に稀なかたですねと。

ここは、和歌山県にあります隅田八幡神社です。配祀としていらっしゃいます。実はこの日、瀬織津姫が立ち寄ることで貴方が導かれていますと。丁度、お休みの日で行ってまいりました。

実は少し不思議な体験もしました。

水神祓神、瀧神、川神である。九州以南では海の神ともされる。祓戸四神の一柱で祓い浄めの女神。「人の穢れを早川の瀬で浄める」とあり、これは治水神としての特性である[1]

『倭姫命世記』『天照坐伊勢二所皇太神宮御鎮座次第記』『伊勢二所皇太神宮御鎮座伝記』『中臣祓訓解』においては、伊勢神宮内宮別宮荒祭宮の祭神の別名が「瀬織津姫」であると記述される。なお、荒祭宮は、かつては正宮に位置していたと推定される。皇大神宮の別宮の瀧原宮についての伊勢神宮公式の由緒書きに、「その御魂をこのように二宮に並べてお祭りするのは、皇大神宮に天照大神を、同別宮荒祭宮に天照大神の荒御魂を奉祀する姿の古い形と言われています。」 と記されている。このとおりであれば、正宮は、式年遷宮のたびに位置を替えるのではなく、常に東に位置する正宮は天照大神、西に位置する正宮は瀬織津姫を祀っていたこととなる

とのことです。

花博展示場 柏原

人気記事ベスト4


全てのタグ