2023年11月02日|省エネ住宅について🏠 | アイデザインホーム
アイデザインホーム(Ai design home)

2023年11月2日

省エネ住宅について🏠

こんにちは。

東海・小牧展示場の安藤です。

今回は新築の【省エネ住宅】について考えていきたいと思います。

住宅における省エネ性能の考え方の起源は特に、「2050年カーボンニュートラル社会」をめざした脱炭素社会の実現をもとに考えられているものです。

このうち注目されるのが「断熱性能」「気密性能」「日射性能」の3つに分類されます。年間のご家庭の消費エネルギーの中で約30%弱を冷暖房で消費していることはご存じでしょうか?

愛知県の注文住宅アイデザインホーム 家庭におけるエネルギー消費量

(引用:https://www.fepc.or.jp/enterprise/jigyou/japan/

●断熱性

壁・床・屋根・開口部の断熱材やサッシのグレードによって判定します。

●気密性

実際に建った住宅の隙間数値を計測したものです。

●日射性

住宅に差し込む日射性を判定するものです。

日本ではこれらの総評を省エネの義務化として、2025年に向けて制度化を進めています。今日はその3つのうちとりわけ重要な【気密性能】についてお話しします。

~~~気密性能とは~~~

「住宅における隙間をできる限り減らし、室内の空気を屋外と分断する性能」のことを指します。気密性能が高ければ高いほど室内の温度や湿度のコントロールがしやすいため、快適性の優れたお家づくりを実現できます。

アイデザインホームでは、

一邸一邸を丁寧に家づくりし、気密性の高い家づくり

を徹底しております。

高気密・高断熱を実現するデザイン住宅をお届けいたします。

人気記事ベスト4


全てのタグ